加熱式電子タバコアイコス互換機のiSMOKE(アイスモーク)詳細画像付レビュー

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

アイコス(IQOS)の互換機、加熱式電子タバコのiSMOKE(アイスモーク)の購入を検討している方...iSMOKEの詳細画像を掲載しますので参考にどうぞ。

 

※iSMOKE(アイスモーク)の基本的な使用方法は公式サイトで全て確認できます。

アイコス互換品「iSMOKE」

iSMOKE(アイスモーク)の箱

新品購入の加熱式電子タバコのIQOS、gloとも凝ったデザインにしっかりとした箱に収まっているのですが、それはiSMOKE(アイスモーク)も同じ、公式サイトより購入したiSMOKE(アイスモーク)の箱がこちらです。

f:id:gundamoon:20180519012147j:plain

シルバーメッキで箔押しされたようなデザイン、

アイコス、グローとはまた違った雰囲気になります。

箱の裏側がこちら

f:id:gundamoon:20180519013059j:plain

iSMOKEの箱はキツキツの設計なのでしょうか、初めて箱を開ける時に硬すぎてなかなか開けられませんでした。

iSMOKE(アイスモーク)の内容物

蓋を開けるとiSMOKE(アイスモーク)本体がイキナリお目見えします。

この辺のやり方はgloと似ていますね。

f:id:gundamoon:20180519013812j:plain

ここから更に広げていくと説明書、USBケーブル、クリーニングブラシの3点が入っています。

 

f:id:gundamoon:20180519014337j:plain

加熱式電子タバコを初めて購入する方でiSMOKE(アイスモーク)の場合はなんてことないと思うかもしれませんが、充電用...とはいっても普通のUSBケーブルのみしか入っていません。

まあ今の時代はUSBの差し込み口ぐらいは何かしら持っているので問題ありませんか、パソコンでも良いしスマホ用の充電用でも良いしアイコスやグローに入っているコンセント→USB口を使っても問題ありません。

因みにglo(グロー)の箱と内容物の詳細記事はこちら

www.weblogian.com

 

iSMOKE(アイスモーク)の詳細画像

iSMOKE(アイスモーク)本体の側はプラスチック製なのでしょうか、この辺はアイコス、gloの質感に劣る部分があります。

f:id:gundamoon:20180519015505j:plain

ただ軽さの部分で言えばアイコス、gloに比べて圧倒的な軽さ。そしてとてもコンパクトな大きさ。

ポケットに入れての持ち運びで考えるとiSMOKE(アイスモーク)が一番です。感覚としてはボールペン一本を持つのと同じ感覚、

それではiSMOKE(アイスモーク)本体の細かい部分を見ていきましょう。

f:id:gundamoon:20180519020230j:plain

f:id:gundamoon:20180519020349j:plain

f:id:gundamoon:20180519020553j:plain

f:id:gundamoon:20180519020801j:plain

f:id:gundamoon:20180519020942j:plain

結構ヘビーに使っているのでかなりの使用感が出ています。

加熱式電子タバコ機器の外観的なクオリティではアイコス、gloのほうが上です。

しかしiSMOKE(アイスモーク)の最大の長所はアイコスの一本のヒートスティックが3回も使用出来てしまうところ、勿論キック感ありで...です。

iSMOKE(アイスモーク)でアイコスヒートスティック使用となると信じられないレベルの高コスパが可能となっております。

www.weblogian.com

上記リンクの方法を使うとヒートスティック一箱で三箱分吸えてしまうという....これは純正のアイコスホルダー使用では不可能、でもiSMOKE(アイスモーク)なら可能、

私としてはglo(グロー)とiSMOKE(アイスモーク)の2台持ちがベストであると考えています。

純正アイコス機器はやはり使い勝手が悪く、蓋パカ&本体エラー等の嫌な思いが多いので今後大きな変化がない限りは携帯することはないでしょう。

iSMOKE公式サイトはこちら

アイコス互換品「iSMOKE」