プライバシーポリシー

 

当サイトが仕様しているアクセス解析ツールについて

当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集さ れており、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご 確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリックしてください。」

加熱式電子タバコアイコス互換機のiSMOKE(アイスモーク)詳細画像付レビュー

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

アイコス(IQOS)の互換機、加熱式電子タバコのiSMOKE(アイスモーク)の購入を検討している方...iSMOKEの詳細画像を掲載しますので参考にどうぞ。

 

※iSMOKE(アイスモーク)の基本的な使用方法は公式サイトで全て確認できます。

アイコス互換品「iSMOKE」

iSMOKE(アイスモーク)の箱

新品購入の加熱式電子タバコのIQOS、gloとも凝ったデザインにしっかりとした箱に収まっているのですが、それはiSMOKE(アイスモーク)も同じ、公式サイトより購入したiSMOKE(アイスモーク)の箱がこちらです。

f:id:gundamoon:20180519012147j:plain

シルバーメッキで箔押しされたようなデザイン、

アイコス、グローとはまた違った雰囲気になります。

箱の裏側がこちら

f:id:gundamoon:20180519013059j:plain

iSMOKEの箱はキツキツの設計なのでしょうか、初めて箱を開ける時に硬すぎてなかなか開けられませんでした。

iSMOKE(アイスモーク)の内容物

蓋を開けるとiSMOKE(アイスモーク)本体がイキナリお目見えします。

この辺のやり方はgloと似ていますね。

f:id:gundamoon:20180519013812j:plain

ここから更に広げていくと説明書、USBケーブル、クリーニングブラシの3点が入っています。

 

f:id:gundamoon:20180519014337j:plain

加熱式電子タバコを初めて購入する方でiSMOKE(アイスモーク)の場合はなんてことないと思うかもしれませんが、充電用...とはいっても普通のUSBケーブルのみしか入っていません。

まあ今の時代はUSBの差し込み口ぐらいは何かしら持っているので問題ありませんか、パソコンでも良いしスマホ用の充電用でも良いしアイコスやグローに入っているコンセント→USB口を使っても問題ありません。

因みにglo(グロー)の箱と内容物の詳細記事はこちら

www.weblogian.com

 

iSMOKE(アイスモーク)の詳細画像

iSMOKE(アイスモーク)本体の側はプラスチック製なのでしょうか、この辺はアイコス、gloの質感に劣る部分があります。

f:id:gundamoon:20180519015505j:plain

ただ軽さの部分で言えばアイコス、gloに比べて圧倒的な軽さ。そしてとてもコンパクトな大きさ。

ポケットに入れての持ち運びで考えるとiSMOKE(アイスモーク)が一番です。感覚としてはボールペン一本を持つのと同じ感覚、

それではiSMOKE(アイスモーク)本体の細かい部分を見ていきましょう。

f:id:gundamoon:20180519020230j:plain

f:id:gundamoon:20180519020349j:plain

f:id:gundamoon:20180519020553j:plain

f:id:gundamoon:20180519020801j:plain

f:id:gundamoon:20180519020942j:plain

結構ヘビーに使っているのでかなりの使用感が出ています。

加熱式電子タバコ機器の外観的なクオリティではアイコス、gloのほうが上です。

しかしiSMOKE(アイスモーク)の最大の長所はアイコスの一本のヒートスティックが3回も使用出来てしまうところ、勿論キック感ありで...です。

iSMOKE(アイスモーク)でアイコスヒートスティック使用となると信じられないレベルの高コスパが可能となっております。

www.weblogian.com

上記リンクの方法を使うとヒートスティック一箱で三箱分吸えてしまうという....これは純正のアイコスホルダー使用では不可能、でもiSMOKE(アイスモーク)なら可能、

私としてはglo(グロー)とiSMOKE(アイスモーク)の2台持ちがベストであると考えています。

純正アイコス機器はやはり使い勝手が悪く、蓋パカ&本体エラー等の嫌な思いが多いので今後大きな変化がない限りは携帯することはないでしょう。

iSMOKE公式サイトはこちら

アイコス互換品「iSMOKE」

 

【節約術】アイコスヒートスティックを再使用できてしまうiSMOKE(アイスモーク)

f:id:gundamoon:20180517184230j:plain

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

先日購入したアイコス互換品の加熱式電子タバコiSMOKE(アイスモーク)

使いまくっている内に色々なことが分かってきましてですね、所謂一度使用したヒートスティックの再利用吸い(十字差し)は一回が限界のアイコス、それも2回目はかなり不味い味とキック感になるのが純正アイコス機器ですが、

アイコス互換機のiSMOKEアイスモークの場合は2回吸いどころが3回吸いまでいけちゃう...ってなことが分かりました。

 

ただ再利用3回目になるとキック感を感じる回数は一本につき6回ぐらいしかありませんが、それでもキック感を感じてしまうとなるとコスパが良すぎるとしかいいようがありません。

ヒートスティック挿しっぱなしの再加熱でもキック感あり

純正のアイコス機器の場合は一回の仕様ごとにホルダーを本体に格納して充電(2~3分)する必要があるので絶対に使用済みのヒートスティックを抜く必要があります。

その抜いたヒートスティックの先端を少しモミモミして焦げた葉を落としてから再びアイコスホルダーに挿す、挿す方向は最初に挿したブレードと90度回転して挿すので十字挿しと呼ばれています。

これはとても貧乏くさい方法なのですが、十字挿しによるヒートスティックの再利用(2回目)でも少しだけキック感を得られる...といった方法、ただし味は不味い。

 

それで私が購入したiSMOKE(アイスモーク)...

これはアイコス純正機器のように一回ごとのホルダー充電の必要がないので連続してヒートスティックが吸えるのが特徴の加熱式電子タバコ... ということで一回の使用約3分後に再び過熱(ボタン2秒押し)を行ったところ普通にキック感を得られて吸えてしまいました。

しかもですよ、ヒートスティック挿しっぱなしの2回目過熱のほうがキック感が強いってのが驚きとしか言いようがありません。

そうともなればヒートスティック挿しっぱなしの3回目もやってみたくなるというもの、それで3回目なんですがね...

普通にキック感あります

ただし3回目ともなるとキック感を得られる吸い数は5~6回ぐらい、そして多少焦げ臭い味になってはしまうのですが、それでも「こんなのってアリ!?」な状態です。

iSMOKE(アイスモーク)は10秒チャージで直ぐに吸えてしまうので再使用4回目にもチャレンジしてみたところ、さすがに4回目の再利用はキック感ゼロでした。

iSMOKE(アイスモーク)公式サイトはコチラ

アイコス互換品「iSMOKE」

うまい味のヒートスティック再利用方法

ヒートスティック挿しっぱなしでも再利用で3回目までキック感を得られてしまうコスパが良すぎなiSMOKE(アイスモーク)ですが、やっぱり焦げ味がどうしても残ってしまいます。

ということで一旦吸い終わったヒートスティックの先端を軽く揉んで焦げた葉を落としてから再び使用するのがお勧めな方法、かなり貧乏くさい方法なのは分かっているけどコスパが良すぎなのでやめられそうにありません。

ヒートスティック再利用の画像と流れ

アイコス互換品のiSMOKE(アイスモーク)は加熱部がブレードではなく棒になっているので中心から葉の焦げが広がるような形になります。

過熱棒はこのような形状

f:id:gundamoon:20180517172948j:plain

純正のアイコス機器とは全く違う形状の過熱部

しかしこの棒状の過熱部のおかげ3度もヒートスティックが再利用出来てしまうのではないかと思っています。

それか純正のアイコス機器の過熱がイマイチなのか。

f:id:gundamoon:20180517172216j:plain

こちらが未使用のアイコスヒートスティック

まずはこれを通常通りiSMOKE(アイスモーク)で使います。

すると吸殻はこんな感じになります。

f:id:gundamoon:20180517172536j:plain

この状態で捨ててしまうのが通常の使い方、ここから先は自己責任....ということになりますね。

 

一回使用したヒートスティックの先端を軽く揉みながら焦げ葉を落としていきます。

f:id:gundamoon:20180517173513j:plain

f:id:gundamoon:20180517173659j:plain

かなり焦げ歯が落ちました。

焦げてない葉が落ちないようにするのがポイント、面倒で貧乏ったらしいけどヒートスティックは1本20円以上もするもの、

二回使用の時点で一本価格が半分になっちゃうとなれば私はやる。

葉の感覚を埋める

焦げた葉を落とすということはその分隙間が出来るということ、みみっちいけど再利用2回目も美味しく味わいたいので歯の感覚を埋めるようにヒートスティックの先端をつまみます。

f:id:gundamoon:20180517175707j:plain

こんな感じ... どうでしょうか、見た目の時点でもう一発いける感が漂っていませんかねぇ、実際にもう一発いけちゃうのです。

で、この状態で使った後の画像がこちら。

f:id:gundamoon:20180517180137j:plain

一回目同様に中心の歯は焦げていますが外側はまだ焦げてはいません。

ということでヒートスティックの先端を再びモミモミして中心の焦げ葉を落とします。

f:id:gundamoon:20180517180549j:plain

かなりの焦げ葉が落ちました。

ここまで来ると完全にみみっちい、貧乏ったらしい...ですね、ちょっと人前では出来そうにない作業です。

後は先ほどのように再び葉の感覚を詰める

f:id:gundamoon:20180517180940j:plain

もう「うわぁ...」ってな感じのヒートスティック、ザ・貧乏という言葉がふさわしいです。

ええ、そうです、私のことです。

でもいいのです、これで一本価格が三分の一になる、強引だけど一本7.6円ということであり得ないほどコスパが良い加熱式電子タバコの誕生です。

そして三回目の再利用後のヒートスティック画像がこちら

f:id:gundamoon:20180517181606j:plain

全ての実力を出し切った感があります。

 

ただこのヒートスティックの吸い殻、外側にヤニ染みのような模様が出来ていましてですね、このヒートスティックのヤニ染みは正規品のアイコス機器で「うまかった一本」の吸い殻に出来る染みに似ております。

 

このヒートスティック3回再利用については色々な意見もあるでしょうし、なにより貧乏感が凄すぎて手に負えません。

恥ずかしい部分も多いにありますがiSMOKE(アイスモーク)ならこんな事も出来てしまうよ...ってな豆知識です。

以上、アイコスヒートスティックを3倍お得に使う方法の節約術でした。

iSMOKE(アイスモーク)公式サイトはコチラ

アイコス互換品「iSMOKE」

もうアイコス故障で嫌な思いはしない、IQOS互換機iSMOKE(アイスモーク)で解決!

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

加熱式電子タバコでシェア争いを繰り広げているIQOS(アイコス)とglo(グロー)の両方を使う私、味はアイコスが上だけど器具の性能ではgloが圧倒的に上だと思っておりまして現在はgloをメインに使っております。

www.weblogian.com

そんな私が再びアイコスを吸う、それも蓋がパカパカして壊れたりブレードが折れたり本体エラーになるアイコス機器ではなくアイコスのヒートスティックが吸えるアイコス互換機「iSMOKE」を使って吸う...

加熱式電子タバコ初心者にも優しいアイコス互換機iSMOKE(アイスモーク)を購入しました。

iSMOKE(アイスモーク)とは?

もうiSMOKE(アイスモーク)公式サイトが言いにくい事をズバっと言ってしまいましょう、簡単に言ってしまえばコンビニで売っているアイコスのヒートスティックがアイコス純正の機器ではないのにそのまま使えてしまう...ってな加熱式電子タバコの喫煙具になります。

f:id:gundamoon:20180517142733j:plain

これですね、アイコスユーザーはこれを普通の純正アイコスに挿して使うから馴染みありすぎるヒートスティックです。

確かに発売当初はこれからの喫煙事情に対応すべく画期的な加熱式電子タバコでした。

しかし機器の不具合も多く、吸い方もよく分からない方も多く、結果的に紙巻タバコに戻る方、アイコスで嫌な思いをしたからgloに乗り換えた人もいるでしょう。

f:id:gundamoon:20180517142959j:plain

気になるのは本当にアイコスのヒートスティックが純正アイコス本体意外で吸えるのか?純正アイコス本体同様にキック感を得られるのか?ってな部分でしょう、

大丈夫、使えますしキック感はきちんと得られます。

もし純正アイコスでキック感がイマイチ...という方はコチラの記事をどうぞ

www.weblogian.com

これは加熱式電子タバコ全般に言えることですが基本は「丁寧な一吸い」になります。

これを行わずして紙巻きタバコから加熱式電子タバコへの移行は難しいでしょう、なぜならタバコの最大の特徴であるキック感(ストローキック)に満足ができないから。

 

アイコス互換品「iSMOKE」

iSMOKE(アイスモーク)は連続吸いが出来る

そもそもアイコスはホルダーとチャーチャーに分かれていて連続吸いが出来ない、イヤイヤ連続吸いの必要なんてないから、そんなバンバン吸わないから...という人もいるでしょう。

でもね、それはアイコス、gloといった加熱式電子タバコを使ったことのある人から言わせれば少し違う...と言った意見になるはずです。

ハッキリ言いましてですね、加熱式電子タバコは普通の紙巻タバコに比べて物足りない部分が多いですよ、これはもう認めるしかない。

たからこそ一本では満足満足できずに連続吸いがしたくなるのです。

 

アイコスは一回一回チャージして吸う必要があるので連続吸いが出来ない、glo(グロー)は連続吸いが出来る... キック感でいえばアイコスの方が上ですが、扱いやすさではglo(グロー)が上、そんな両方のいいとこどりしちゃったのがiSMOKE(アイスモーク)になります。

f:id:gundamoon:20180517143208j:plain

※glo(グロー)とiSMOKE(アイスモーク)の比較画像

ポイントである連続吸いは当然のように可能、これは本体とバッテリーが一体型であるglo(グロー)と同じ方式になるからです。

「お前そうまでして連続で吸いたいのか?」

なんて言われそうですよね、まあそのなんですか... お恥ずかしい話ではありますがその通りでございます。

私はキック感さえきちんと味わえて壊れない電子タバコがないと生きていけません。

 

アイコス互換品「iSMOKE」

iSMOKE(アイスモーク)は安い

アイコスが壊れたからもう一台...なんて人もいますよね、でもアイコスってそれなりのお値段がする加熱式電子タバコ

一時期は転売屋がはびこり何だこの価格は?と言えるようになってしまったりしました。

ではiSMOKE(アイスモーク)、

価格は7800円+税(8424円)となっておりましてですね、これはクーポンを使ったアイコスと価格は大差なし、クーポンを使ったglo(グロー)よりは高いといった金額になっています。

ただしアイコス(IQOS)glo(グロー)ともにクーポン使用なので今後クーポンの使用は無くなる可能性もある...とかいいながらクーポン延長しまくっていますけどね。

 

因みに楽天でiSMOKE(アイスモーク)の価格をみると公式の価格と同じ。

iQOS 互換機 アイコス 互換 電子タバコ 本体 アイスモーク iSMOKE 正規品

価格:8,424円
(2018/5/8 17:25時点)

だったら公式で買ったほうが良いですよね。

iSMOKE(アイスモーク)公式では2500円で一年間の保証が付けられるし....って私としてはですね、初めての加熱式電子タバコでiSMOKE(アイスモーク)という人はそれほど多くないと思っておりまして基本的にアイコスかgloのどちらかを持っている人が互換機であるiSMOKE(アイスモーク)の購入を検討していると思っています。

f:id:gundamoon:20180517143707j:plain

私もアイコス、glo、プルームテックと持っておりましてですね、加熱式電子タバコの機器には困らない状態....ということで2500円の保証は付けておりません。

そうそう、現状のプルームテックではどうやってもキック感が満足出来ないので私の中では論外扱いです。

 

3分あれば十分

iSMOKE(アイスモーク)の弱点として上げられる吸入時間の短さ、これを短いとする意見も分かります。

しかしですね、通常の紙巻きタバコの吸い時間を計ったことってありますか?

ロングタイプではない普通の紙巻きタバコの吸い時間って思いのほか短い、というよりも吸入回数って10回もいかない場合が多いのです。

せいぜい8回吸いぐらいが限界でしょう、通常の紙巻タバコはそんなもんです。

 

ではアイコス、これは13回の吸入が可能とはなっていますがね、ハッキリ言って最後の方(9吸い目以降ぐらい)はキック感がスカスカになります。

そしてアイコスの後を追うglo(グロー)、こちらはキック感を感じるテクニックを使っても10回が限度、7~8がキック感を感じられる限界です。

www.weblogian.com

一応gloの吸入時間は3分30秒とはなっていますが、ユーザーとしては使用時間もそうだけどキック感を感じられる回数のほうが重要になります。

3分あれば十分、そして3分間たっぷりとアイコスのようなキック感を得られてシンプルに使える加熱式電子タバコってなれば互換機であるiSMOKE(アイスモーク)は一つの選択肢になります。

え..?

お前はどうしているのかだって...?

 

私はこのような記事を書いているようなヤニカスなのでプルームテック以外は常に持ち歩いていますし、いつでも充電可能な状態にするためにコード等も携帯しています。

iSMOKE(アイスモーク)は一回のフル充電(90分)で13本吸いなので電源コード持ち歩きは必須...とはいってもUSBケーブル一本なので荷物にはならないでしょう。

バッテリーの残量を確認しながらちょいちょい充電するのが吉、これはアイコス(IQOS)もglo(グロー)も同じ。

アイコス互換品「iSMOKE」

緊急事態に備えての紙巻タバコを携帯しなくなる

我々喫煙者、それも加熱式電子タバコのアイコスユーザーはですね、アイコスが万が一故障した際、充電が切れてしまった場合等に備えて通常の紙巻タバコも一緒に携帯している人が多いはずです。

これがglo(ユーザー)になるとgloひとつで外出出来るようになる...この辺の気持ちは両方持っている人なら分かる話ですよね。

f:id:gundamoon:20180517143924j:plain

※LEDが派手に光るアイスモークの画像

もうお分かりですよね、ヒートスティックはそのままに純正のアイコス本体とiSMOKE(アイスモーク)の両方を持ち歩けば安心。

この安心感は喫煙者にしか分からない感覚かもしれませんね、常に吸える状態である紙巻タバコと同じ状態にする必要があるのです。まあアイスモークはとても軽くコンパクトなので重いとか邪魔になるって事はまずありません。

私としては同じUSB充電器を使えるglo(グロー)とiSMOKE(アイスモーク)の二台持ちをお勧めします。

 

アイコスで嫌な思いをした加熱式電子タバコユーザーさん、iSMOKE(アイスモーク)も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

それともう一つ、iSMOKE(アイスモーク)の利点があります。

tabakoon.hatenablog.com要はアイコスのヒートスティックは通常一回使用で十字挿しの再利用だと不味いけれどアイスモークの場合は3回いけちゃいますよ...ってな内容の記事リンクになります。

正直いってこんなのアリ?と思っています。

 

iSMOKE(アイスモーク)が気になる方、購入検討の方、公式サイトはコチラ

アイコス互換品「iSMOKE」