もうアイコス故障で嫌な思いはしない、IQOS互換機iSMOKE(アイスモーク)で解決!

どうも、ガンダムのオッサンです。

 

加熱式電子タバコでシェア争いを繰り広げているIQOS(アイコス)とglo(グロー)の両方を使う私、味はアイコスが上だけど器具の性能ではgloが圧倒的に上だと思っておりまして現在はgloをメインに使っております。

www.weblogian.com

そんな私が再びアイコスを吸う、それも蓋がパカパカして壊れたりブレードが折れたり本体エラーになるアイコス機器ではなくアイコスのヒートスティックが吸えるアイコス互換機「iSMOKE」を使って吸う...

加熱式電子タバコ初心者にも優しいアイコス互換機iSMOKE(アイスモーク)を購入しました。

iSMOKE(アイスモーク)とは?

もうiSMOKE(アイスモーク)公式サイトが言いにくい事をズバっと言ってしまいましょう、簡単に言ってしまえばコンビニで売っているアイコスのヒートスティックがアイコス純正の機器ではないのにそのまま使えてしまう...ってな加熱式電子タバコの喫煙具になります。

f:id:gundamoon:20180517142733j:plain

これですね、アイコスユーザーはこれを普通の純正アイコスに挿して使うから馴染みありすぎるヒートスティックです。

確かに発売当初はこれからの喫煙事情に対応すべく画期的な加熱式電子タバコでした。

しかし機器の不具合も多く、吸い方もよく分からない方も多く、結果的に紙巻タバコに戻る方、アイコスで嫌な思いをしたからgloに乗り換えた人もいるでしょう。

f:id:gundamoon:20180517142959j:plain

気になるのは本当にアイコスのヒートスティックが純正アイコス本体意外で吸えるのか?純正アイコス本体同様にキック感を得られるのか?ってな部分でしょう、

大丈夫、使えますしキック感はきちんと得られます。

もし純正アイコスでキック感がイマイチ...という方はコチラの記事をどうぞ

www.weblogian.com

これは加熱式電子タバコ全般に言えることですが基本は「丁寧な一吸い」になります。

これを行わずして紙巻きタバコから加熱式電子タバコへの移行は難しいでしょう、なぜならタバコの最大の特徴であるキック感(ストローキック)に満足ができないから。

 

アイコス互換品「iSMOKE」

iSMOKE(アイスモーク)は連続吸いが出来る

そもそもアイコスはホルダーとチャーチャーに分かれていて連続吸いが出来ない、イヤイヤ連続吸いの必要なんてないから、そんなバンバン吸わないから...という人もいるでしょう。

でもね、それはアイコス、gloといった加熱式電子タバコを使ったことのある人から言わせれば少し違う...と言った意見になるはずです。

ハッキリ言いましてですね、加熱式電子タバコは普通の紙巻タバコに比べて物足りない部分が多いですよ、これはもう認めるしかない。

たからこそ一本では満足満足できずに連続吸いがしたくなるのです。

 

アイコスは一回一回チャージして吸う必要があるので連続吸いが出来ない、glo(グロー)は連続吸いが出来る... キック感でいえばアイコスの方が上ですが、扱いやすさではglo(グロー)が上、そんな両方のいいとこどりしちゃったのがiSMOKE(アイスモーク)になります。

f:id:gundamoon:20180517143208j:plain

※glo(グロー)とiSMOKE(アイスモーク)の比較画像

ポイントである連続吸いは当然のように可能、これは本体とバッテリーが一体型であるglo(グロー)と同じ方式になるからです。

「お前そうまでして連続で吸いたいのか?」

なんて言われそうですよね、まあそのなんですか... お恥ずかしい話ではありますがその通りでございます。

私はキック感さえきちんと味わえて壊れない電子タバコがないと生きていけません。

 

アイコス互換品「iSMOKE」

iSMOKE(アイスモーク)は安い

アイコスが壊れたからもう一台...なんて人もいますよね、でもアイコスってそれなりのお値段がする加熱式電子タバコ

一時期は転売屋がはびこり何だこの価格は?と言えるようになってしまったりしました。

ではiSMOKE(アイスモーク)、

価格は7800円+税(8424円)となっておりましてですね、これはクーポンを使ったアイコスと価格は大差なし、クーポンを使ったglo(グロー)よりは高いといった金額になっています。

ただしアイコス(IQOS)glo(グロー)ともにクーポン使用なので今後クーポンの使用は無くなる可能性もある...とかいいながらクーポン延長しまくっていますけどね。

 

因みに楽天でiSMOKE(アイスモーク)の価格をみると公式の価格と同じ。

iQOS 互換機 アイコス 互換 電子タバコ 本体 アイスモーク iSMOKE 正規品

価格:8,424円
(2018/5/8 17:25時点)

だったら公式で買ったほうが良いですよね。

iSMOKE(アイスモーク)公式では2500円で一年間の保証が付けられるし....って私としてはですね、初めての加熱式電子タバコでiSMOKE(アイスモーク)という人はそれほど多くないと思っておりまして基本的にアイコスかgloのどちらかを持っている人が互換機であるiSMOKE(アイスモーク)の購入を検討していると思っています。

f:id:gundamoon:20180517143707j:plain

私もアイコス、glo、プルームテックと持っておりましてですね、加熱式電子タバコの機器には困らない状態....ということで2500円の保証は付けておりません。

そうそう、現状のプルームテックではどうやってもキック感が満足出来ないので私の中では論外扱いです。

 

3分あれば十分

iSMOKE(アイスモーク)の弱点として上げられる吸入時間の短さ、これを短いとする意見も分かります。

しかしですね、通常の紙巻きタバコの吸い時間を計ったことってありますか?

ロングタイプではない普通の紙巻きタバコの吸い時間って思いのほか短い、というよりも吸入回数って10回もいかない場合が多いのです。

せいぜい8回吸いぐらいが限界でしょう、通常の紙巻タバコはそんなもんです。

 

ではアイコス、これは13回の吸入が可能とはなっていますがね、ハッキリ言って最後の方(9吸い目以降ぐらい)はキック感がスカスカになります。

そしてアイコスの後を追うglo(グロー)、こちらはキック感を感じるテクニックを使っても10回が限度、7~8がキック感を感じられる限界です。

www.weblogian.com

一応gloの吸入時間は3分30秒とはなっていますが、ユーザーとしては使用時間もそうだけどキック感を感じられる回数のほうが重要になります。

3分あれば十分、そして3分間たっぷりとアイコスのようなキック感を得られてシンプルに使える加熱式電子タバコってなれば互換機であるiSMOKE(アイスモーク)は一つの選択肢になります。

え..?

お前はどうしているのかだって...?

 

私はこのような記事を書いているようなヤニカスなのでプルームテック以外は常に持ち歩いていますし、いつでも充電可能な状態にするためにコード等も携帯しています。

iSMOKE(アイスモーク)は一回のフル充電(90分)で13本吸いなので電源コード持ち歩きは必須...とはいってもUSBケーブル一本なので荷物にはならないでしょう。

バッテリーの残量を確認しながらちょいちょい充電するのが吉、これはアイコス(IQOS)もglo(グロー)も同じ。

アイコス互換品「iSMOKE」

緊急事態に備えての紙巻タバコを携帯しなくなる

我々喫煙者、それも加熱式電子タバコのアイコスユーザーはですね、アイコスが万が一故障した際、充電が切れてしまった場合等に備えて通常の紙巻タバコも一緒に携帯している人が多いはずです。

これがglo(ユーザー)になるとgloひとつで外出出来るようになる...この辺の気持ちは両方持っている人なら分かる話ですよね。

f:id:gundamoon:20180517143924j:plain

※LEDが派手に光るアイスモークの画像

もうお分かりですよね、ヒートスティックはそのままに純正のアイコス本体とiSMOKE(アイスモーク)の両方を持ち歩けば安心。

この安心感は喫煙者にしか分からない感覚かもしれませんね、常に吸える状態である紙巻タバコと同じ状態にする必要があるのです。まあアイスモークはとても軽くコンパクトなので重いとか邪魔になるって事はまずありません。

私としては同じUSB充電器を使えるglo(グロー)とiSMOKE(アイスモーク)の二台持ちをお勧めします。

 

アイコスで嫌な思いをした加熱式電子タバコユーザーさん、iSMOKE(アイスモーク)も選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

それともう一つ、iSMOKE(アイスモーク)の利点があります。

tabakoon.hatenablog.com要はアイコスのヒートスティックは通常一回使用で十字挿しの再利用だと不味いけれどアイスモークの場合は3回いけちゃいますよ...ってな内容の記事リンクになります。

正直いってこんなのアリ?と思っています。

 

iSMOKE(アイスモーク)が気になる方、購入検討の方、公式サイトはコチラ

アイコス互換品「iSMOKE」